はじめて考えるときのよう

『はじめて考えるときのように』(野矢茂樹)~考えるを考えてみる本

「考える」とは具体的にどういうことでしょうか。世間で見かける主張としては、「人は言葉を使わずにものを考えることはできない」というものがあります。これが正しいのか間違っているのかは私には分かりませんが、いずれにしても無批判に受け入れてしまうのは不用心です。

はじめて考えるときのよう

https://www.amazon.co.jp/

■計算と思考の関係

1+1はいくつでしょうか? 2ですよね。さて、我々は1+1という問いに対して2という回答を与えるまでの間に、何か言葉を使ったでしょうか。「いちぷらすいちはいくつだろうか」と頭の中で言葉を思い浮かべることはできます。しかしここから「に」という答えを出す過程に言葉はありません。

いえ、1+1は簡単過ぎる上に頻出過ぎて、我々はすでにその答えを暗記してしまっているだけかもしれません。だから解答に言葉を使わないのかも。では、9-2はいくつでしょうか。7という答えを出す過程で、何か言葉を使ったでしょうか。人によっては9-2も記憶してしまってるかもしれません。そういう場合は、なにか、すぐに答えを出せる、記憶していない問題に代えてみてください。

もし言葉を使わずに考えることができないのだとしたら、2という回答は、考えて出したものではないことになります。すると計算には思考は必要ないということになるんですね。

この考え方をすんなり受け入れられる人もいると思います。そう考えればコンピューターが計算をすることには納得がいきます。コンピューターは計算はするけども、計算に思考は必要ないので、コンピューターは思考はしていないと言えるようになりますので。

■ヘウレーカ!

『はじめて考えるときのように』で野矢茂樹はアルキメデスを引用しています。アルキメデスは古代ギリシアの数学者で、アルキメデスの原理に名を残した偉大な人物です。アルキメデスがその原理を発見したとき、お風呂に入っていたといいます。そして浮力に気づき、

「ヘウレーカ!(分かったぞ!)」

と叫んだそうです。

ヘウレカ!

野矢茂樹はこう言います。

「考えるとは、ヘウレーカの声に耳を傾けることなんだ」

アルキメデスが叫んだとき、アルキメデスの頭の中には言葉は詰まっていたかもしれません。しかしそれは、悩みの類いだったはずです。王様からとある命令を出されたものの、どうやったらいいか皆目見当もつかない。言葉を使って一つ一つ考えを進めていった結果原理にたどり着いたというようなものではなく、ただ悩み、さんざん迷ったある瞬間に、突然答えがひらめいたはずなのです。当時の知識では、論理的に求められるような答えではなかったのですから。

野矢茂樹のいう「考える」とは、自分の内側から突然わき上がってくるこのひらめきを受け取れる状態に、自分の意識を調整することだと言えます。「今日のご飯なんにしよう?」 という問いに対する答えは、突然わき上がってくる「そうだカレーにしよう」というひらめきなのです。「なんにしよう」から「カレーにしよう」までの間に、カレーを導くような言葉は存在しません。

■はじめて考えるときのように

そうしてみると、考えるというのは神秘的な働きです。どうしてそんなひらめきが出てくるのか。どうして突然「カレーとラーメンと牛丼とコーラを混ぜたもの」を思いつかないのでしょうか。いえ、中にはそういうのを思いつく人もいるかもしれませんが。だいたい、ある程度常識的な範囲でひらめくことになっています。ひらめきなんて何でもありのようですが、意外と枠の中にあるんですね。

だから我々は論理によって言葉を使って状況を整理し、理解して、あとは自分のひらめきを信じて内なる声に意識を澄まし、事態を解決してくれそうな答えを待つことになります。
はじめて考えるときのように。

論理学

『論理学』(野矢茂樹)~あらゆる勉強の基礎として

私が『論理学』を買ったのは、3駅先での集まりの帰りでした。電車の時間まで駅ビルの書店で過ごしていたのです。ふと手に取ったこの本の序文を読んで、「これは買うしかない」と思いました。

論理学

https://www.amazon.co.jp/

「どうして内角の和が180度じゃない三角形を思い浮かべることはできないの? ボクが馬鹿だから?」
誰だってそんなものを思い浮かべられるわけはない。だんだん腹が立って殴りたくなってきた。いや、実際殴るしかないのかもしれない。

そんな調子で、物わかりの悪い子供にどうやったら教えられるのかを苦心している場面が、とても楽しかったのです。

■論理学の基礎は、言葉を正しく使うこと

論理学と聞くと難しそうな学問をイメージするかもしれません。実際に難しく、そこでやっていることはまるで数学なのですが、しかし初歩的な論理学は数学よりも国語に近いものです。論理学の第一の目標は、言葉を正しく使用することと、正しく理解することです。論理学を学ぶことは、言語によって何かを習得したり表現したりするすべての場面で役立ちます。

勉強はもちろん、ニュースを読んだときでも、ゲームの攻略法を読んだときでも、言葉を正しく理解できることは必ず役に立つものです。そういう意味で、論理学はすべての学習の基礎となります。

■眠くなるかもしれない

眠い眠い

しかし、本書は論理学の解説書としては読みやすいし、野矢茂樹も頑張ってはいるにしても、やはり他の野矢本と比べると難易度が高いのは確かです。まずもって数学アレルギーの人に対して

∀x((Fx∧Gx) ⊃Hx)

見たいな記号がずらずら並んでるページを見せたら、そっと閉じてしまいますよね。残念ながら記号論理学を扱う都合上、こういった記号による催眠効果から逃れることはできません。

それでも、やはり同種の記号論理学の本としては破格の読みやすさですので、記号に惑わされずに挑戦してみることをおすすめします。

■論理構造を理解するために

論理学というのは推論の学問です。論理的に正しいという考え方が、必ずしも正しい結論を出していることは保証されていませんし、論理学もそんなことは期待していません。

人間ならば猫である
猫ならばかわいい
よって、人間ならばかわいい

は論理的に正しいと言えますが、

人間ならば猫である
動物ならば猫である
よって、人間ならば動物である

は論理的に間違った考え方です。結論としては、後者の方が正しいのですが。

論理学を学ぶことは、人々が何かを判断した際の、判断の道筋、論理の構造を把握することに役立ちます。論理構造が理解できるかできないかで、他者の発言の意図の理解度が全く違いますし、その人に対して賛成するにしろ反対するにしろ、正しい理由で反応するには欠かすことができません。

■二人の和尚と共に

本書でも野矢茂樹は文体に対話を取り入れています。野矢茂樹本人の他に登場するのは、二人の和尚さんです。和尚達は時にすっとぼけ、解説役に鋭いツッコミを入れて困らせたり、解説役に助け船を出したりします。難しい内容を扱っていますので、一方的な解説では読者が理解しきれないと考えたのではないでしょうか。当たり前のように思える部分にも和尚達に突っ込ませることで、自然な形で解説でき、読者にも読みやすい形式にしたのだと思います。

強いて難を言えば、和尚さんがあまり馴染みのない人物なので、キャラクターがよくつかめなかったことでしょうか。アニメキャラクターとコラボでもしたら、一気に読者が増えるかもしれません。
・・・それもどうなんだという気はしますが。

最終的にゲーデルの不完全性定理を扱うのですが、このあたりはかなり難しい内容になっています。学習の基礎として学びたいということであれば、一般的な論理学の範囲である、第二章の述語論理までで十分役立つはずです。

無言論の教室

『無限論の教室』(野矢茂樹)~数学の意外な一面を教えてくれる

無限ってなんだと思いますか? 「無限に広がる大宇宙」という表現は、「無限とも言えるほど広大な宇宙」という意味の表現ですので、この場合の無限は、途方もなく大きいという程度の意味です。そうではなく本当に限りがない存在としての無限とはどのようなものでしょうか。

無言論の教室

https://www.amazon.co.jp/

■無限のパラドックス

古代ギリシアの哲学者ゼノンのパラドックスと知られているものに、こんなのがあります。

「物体は移動し得ない。なぜならば、物体が移動を完了するためには、移動する二点の半分を移動せねばならず、
その移動を完了するためにはさらにその半分を移動しなければならない。
しかし、これは無限に続くのだから、その移動を完了することはできない」

『無限論の教室』での野矢茂樹の立場は、このパラドックスに立ち向かうものです。どうしたらこのような馬鹿げたパラドックスに惑わされずにすむようになるのかと。

■実無限と可能無限

現代の数学では、実無限の立場が一般的です。これは、無限を完成した一つの実態として想定する立場です。
もちろん、無限なんてものはすべてを書き出すことなどで気はしないし、何かしらの行為が完了することもあり得ないのですが、それが完了する場面を想定できます。

一方可能無限というのは、無限とはいつまでも続けることが許されることだと考える立場です。
自然数が無限なのは、無限に存在する自然数の全体なる何者かがあるのではなく、気が済むまでいくらでも数え続けることができるような存在ですよ、ということです。

無限論の教室で野矢茂樹は可能無限の立場を支持し、世界の側に無限の手続きを完了することを求める必要などなく、そんなものは観察している人が気が済むまで完了した手続きを確認するだけなんだというわけです。

■数学のトリビア

トリビア

無限論の教室の最終テーマではゲーデルの不完全性定理を扱うんですが、さすがにこのあたりになると読んだときは理解した気になっても、あとで思い返すと「あれ、どういう証明だっけ・・・」となってしまいます。
しかし、この本の面白い部分は、それより手前にちりばめられた数学的な豆知識です。

たとえば我々は自然数には0を含めないと教わっています。
先進国ではフランスあたりが0を自然数に含めて教えているようですが、日本では0は含めないことにしています。ところが本書で野矢茂樹は言い切ります。

「自然数に0を含めないのは素人です」

いえ別に、実際は自然数に0を含めなくてはいけないというわけではありませんし、含めない考え方もちゃんとありますので、
これはあえてそう表現しているんだと思いますが、こういう考え方があることを教えてくれるのは貴重です。

あるいは、自然数と実数では、どちらの集合の方が濃度が大きいか? という問題に対しても、対角線論法を使って実数の濃度の方が大きいことを証明してくれます。
だって両方無限でしょ? なんで無限により大きいとか小さいとかがあるの? という疑問に答えてくれます。

■タジマ先生

野矢茂樹の著書の例に漏れず、このようなちょっと難しいテーマを扱っていながらも、やはり読みやすくなっています。
作中には三人の人物が登場し、講師役のタジマ先生の解説という形で進行します。生徒役は、できのいい女子大生と、追いつくのに必死な大学生の二人です。
タジマ先生が野矢茂樹の分身であり、生徒役の二人は読者の疑問を代弁する分身というところでしょうか。

生徒「こういう無限級数があることをゼノンは知らなかったから勘違いしたんですね」
タジマ「あさはかですねぇ」
生徒「でも仕方ないじゃないですか、ゼノンの時代にはまだ知られていなかったんだから」
タジマ「君ですよ、あさはかなのは」
生徒「えっ」

こんなやりとりがふんだんに詰まっています。

心と他者

『心と他者』(野矢茂樹)~自分と他人を再定義する試み

普通の人々は、認識の内容には疑問を持たないでしょう。今目の前にあるパソコンのモニターが、本当に存在しているのかどうか、そんなことを疑問に思う人は普通はいません。
しかし、改めて「君は、目の前に見えているモニターが、実在するということを証明できるか?」と聞かれてしまうと、首をひねってしまうでしょう。

『心と他者』も、まずはこういった認識の話から始まります。野矢茂樹は、最終的に反論を試みることにしながらも、ひとまずは認識の問題を従来の立場に沿って考察を進めます。

心と他者

https://www.amazon.co.jp/

 

■知覚と幻覚の違い

心と他者でも引き合いに出されていますが、道ばたに落ちている縄が蛇に見えることもあります。床に落ちている黒い塊が、夏場に出てくるあれに見えて一瞬動きが止まることだってあるでしょう。これはすぐに「見間違い」として納得します。
でもそれは、どうして見間違いだと思えるんでしょうか。ずっと蛇に見え続けるとしたら、それは本当に蛇なんでしょうか。我々が何かを、ずっと何かに見間違い続けることがあり得ないと言えるでしょうか。

もっと壮大な問いを立てるなら、この世界が作られた世界でないとどうして言い切れるでしょうか。映画『マトリックス』のように、コンピューターによって人間が知覚させられている世界でないという証明はできません。ラブクラフトの小説『クトゥルー』風にいえば、我らの意識は皆ルルイエで眠っているクトゥルーの夢かもしれないのです。

■ただ一つ確かな存在としての自分

野矢茂樹はウィトゲンシュタインの研究者ですので、本書でも頻繁にウィトゲンシュタインが引用されています。むしろ、心と他者はウィトゲンシュタインを発端としており、中心的な役割を担っているとも言えます。

ただ一つ確かな存在としての自分の感覚というのは、自己を扱う議論ではどうしても出てくるものです。
他の人が何を思いどう感じているのかは自分には分からないことかもしれませんが、自分自身が考えたり感じたりしていることだけは確かだという感覚があります。

この、ただ一つだけ確信を持てる存在としての自分を特別視していくと独我論と呼ばれる主張に入り込んだりもします。
世界には自分しかいない。自分以外には心などないし、ただ自分だけが世界の中で特別な存在なのだというような考え方です。

独我論は間違った考え方であることを証明できない、なかなかに強固な思想ではありますが、幸いなことは正しい考え方であることも証明できないことです。
普通は独我論というのはグロテスクに感じ、できるだけ遠ざけたいと思うものですが、それは野矢茂樹も同様で、心と他者においても独我論の魔の手から逃れる道筋を模索しています。

■ネットワークとして構築されるもの

ネットワーク

本書における野矢茂樹の立場は、自分とか心とかいったものは、コミュニティとの関係によって成立するものということになります。対象それ自体に心があるのかどうか、それは分かりようがありません。
しかし、対象とふれあう中で様々なやりとりが発生します。そのやりとりによって、我々は対象に心を感じ取ったり取らなかったりします。

対象が非機械的なそぶりを見せ、あれこいつには自分と同じような心があるんじゃないかという疑いが発生した後、実際に心があるものと思って接してみて、違和感なく過ごせればやはり心があるものなんだろうという確信が強まります。
そうではなく、いややっぱりこれは機械的に反応しているだけなんだとなれば、どうもこれには心と呼べるようなものはないらしい。

非機械的なそぶりというのは、自分に対して新しい世界観を提供してくれます。
「こういうときはこうなるのが当たり前」、そう思っている自分に対して、新しい世界が示されたとき、我々はそれを示したものに心を感じ取り始めます。
何かに対して心を強く感じるときというのは、自分自身の世界観・・・野矢さんは意味秩序と呼ぶことがありますが・・・に新しい意味秩序が提示されたときです。
そういうときにこそ、自分と対等に心を持つ存在として、対象もまた世界を一定の仕方で見ているのだろうと感じられるわけです。

哲学の謎

『哲学の謎』(野矢茂樹)~全世界におすすめの良書

私が読んできた野矢茂樹の本の中でも、一番のお気に入りが、この『哲学の謎』です。各国の言語に翻訳して、全世界で読まれることを祈るくらいです。何がそんなに気に入ったのか、それをお話ししましょう。

哲学の謎

https://www.amazon.co.jp/

■物事の考え方の手本として

哲学の謎のテーマは哲学書にしては素朴で、哲学の素養のない人たちでもふとしたときに考えを巡らせたことがありそうな内容が詰まっています。

考える

たとえば「私の目に赤い色として映っているこれを、他の人も同じ色のように見えているのだろうか」とか「火星人はいるんだろうか。
どうやったら確かめられるんだろうか」とかです。実際のところ、哲学というのは素朴な疑問にはあまり答えることができないのですが、こういった素朴な疑問を考えるには哲学的思考は役に立ちます。

考えることに慣れていない人たちの考え方は、「考える」というより「想像する」とか「当てずっぽうで予想する」に近いものがあります。
確かに、正しい答えを誰も知らないことについては、当てずっぽうだからといって間違っているとは言い切れません。
しかし、正しい答えが分からないからと言って間違った答えが分からないわけではありませんし、正しい考え方が分からないからといって間違った考え方が分からないわけでもありません。

たとえばスーパーコンピューターでも計算できないような、とんでもない桁数のかけ算があるとしましょう。一兆桁の数の一兆乗とか。誰もその正しい答えは分かりません。
でも、その答えが0ではないことは分かります。因数に0が含まれていないかけ算の答えが0になることはあり得ないからです。あるいはその数が偶数であれば答えも偶数になりますし、奇数であれば奇数になります。

正しい答えが分からないなら、何を言っても正しいことになるというわけではないんですね。

哲学の謎で野矢茂樹は我々に、素朴な問題、誰も答えを知らないような問いかけに対して答えを出そうとするときの、考えの進め方の手本を見せてくれています。

火星人が八本足だとする。
つまり「火星人ならば八本足である」というのならば、「八本足でないならば火星人ではない」ということになるわけだが、八本足ではないものを集めて、それが火星人ではないことを確認することでこの主張の信憑性が増す。
部屋には八本足ではなく、火星人でもないものがあふれているから、そういうサンプルはいくらでも集められるが、一体どうして部屋から一歩も出ずに火星人が八本足であるかどうかがわかるのだろうか?

こんな話が出てきます。これは論理学でトートロジーとされる対偶律を用いた考えなのですが、トートロジーを使って考えても違和感は出てくるんですね。

■とにかく読みやすい

読みやすいのが野矢茂樹の著書の特徴と紹介しましたが、その中でも特に平易な文章で書かれています。
文体は二人の人物の対話編のような作りになっていまして、二人とも日常的なごくありふれた言葉遣いで会話をしています。
扱っているテーマも取っつきやすいし語り口もわかりやすいということで、哲学を学んだことのない人でも、哲学に興味がない人でも楽しめるはずです。

■他の本を読む前の下準備として

哲学の謎のテーマは素朴なものが多いのですが、その扱い、考えの進め方の過程では他の著書にも通じるものが見られます。
自分と他者との関係とか、言葉の意味、行為における意図のあり方など。
専門的な解説は省かれていますので、この本だけでその詳細はつかめませんが、後日他の本を読んでみるに当たっては、哲学の謎を読んだ経験が活きて、理解の助けになると思います。

二人の掛け合いも面白く、単純な読み物としても楽しめるし、内容も理解しやすいし、ものの考え方を学べるという点で役にも立つし、ということで私はこの本を全世界におすすめしたいとすら感じているわけです。

哲学航海日誌

哲学者・野矢茂樹さんとは~プロフィール、略歴

私が野矢茂樹を知ったのは、友人にその著書『哲学・航海日誌』を勧められたときです。特に、規約主義についての解説が記憶に残っております。それ以来いくつかの著書を読み、哲学書としては野矢茂樹のものが一番のお気に入りになりました。

哲学航海日誌

https://www.amazon.co.jp/

■野矢茂樹さんの著書の特徴

まずもって語り口が柔らかい。哲学書というのも、最近ではだいぶ読みやすい文体のものが増えてきているとは感じます。
しかし、図書館で並んでいるような哲学書というと古いものが多く、言い回しは馴染みがないし、そもそも漢字が旧字体だから読むのすら困難ということもありました。そんな中で見かけた野矢さんの本は、とても読みやすくて感動しました。

野矢さんは著書において、結論や解答を人々に教えてあげようという立場を取らないのも特徴的です。
主題を建てて、それについて考えを進める道筋を示し、どのような問題について、どう考えて、どういう風に進んだのかを明らかにしてはくれますが、
結局その考えが本当に正しいのかどうかはまだ自分の中でも研究中だよ、という書き方です。
そのため、「難しいことはいいから答えだけ教えてくれよ」という人には向いていないかもしれません。

どのくらい文章がわかりやすいかといえば、私の親戚の子に一冊プレゼントしたところ、面白かったと。
何度も読んだけど、ふとしたときに読み始めるとまたずっと読んでしまう、というくらいです。
その子は世間的な評価としては決してよくできた子ではないんですが、勉強が得意なタイプじゃなくてもすらっと読めるくらいにわかりやすいのです。

■論理性も重視されます

哲学というと、なんか小難しい適当な解釈とか、酔っ払いの人生論なんかも含まれてしまうような風潮があります。哲学にははっきりとした答えがないことも多いため、答えがないなら何言ってもいいだろうみたいな。しかし、哲学とはそういうものではなく、もっと緻密なものです。

現代の数学は論理学を基礎に構築されていますが、論理学は哲学に分類されています。当然、論理学も数学に負けず劣らず緻密な学問ですので、哲学なんて適当なことを好き放題言ってるだけだろうというのは間違った認識です。

そして野矢さんはいくつかの論理学の本を出しており、『論理トレーニング』や『論理トレーニング101題』などは有名です。これらは読者の論理的思考力を高め、論理的に正しい日本語を使える能力を身につけさせ、日本語を論理的に正しく解釈できるように指導してくれます。

また、野矢さんの最初の著書が私からもおすすめする『論理学』であることからも、哲学者・野矢茂樹としては人々の論理能力を高めたいと考えているのだろうと思えます。

男

■野矢茂樹さんの紹介

東京大学の教授さんです。

野矢茂樹さんの哲学の先生は大森荘蔵という方で、野矢さんの本でもしょっちゅう名前が登場しています。大森荘蔵はウィトゲンシュタインというドイツ人哲学者の研究者でもあり、その流れをくんで野矢さんもまたウィトゲンシュタインを研究されています。

野矢さんの触れる多くの主題は、元をたどればウィトゲンシュタインに連なり、ウィトゲンシュタイン解釈としての大森荘蔵論に繋がるのもよく見る流れです。

そして世間の評判としては、同じ大森荘蔵の弟子である中島義道と並べて評価されたり、別な道筋で自我論を展開する永井均と比べられたりすることもあるようです。

■野矢茂樹さんの略歴

1954年生まれ
1978年 東京大学教養学部教養学科基礎科学・科学哲学分科卒業
1985年 東京大学大学院理学系研究科科学基礎論専門課程博士課程単位取得退学
1999年 東京大学教養学部教授
2008年 東京大学大学院総合文化研究科教授

私が特に野矢茂樹の本を読んでいた時期は、1999年から2008年の間の、教養学部の教授をされていた時期になります。

■執筆中の方へ

自費出版とも、出版コンサルタントとも違う企業のブランディング出版をご存知でしょうか。
主に自己啓発やビジネス書などを本という形にまとめて書店流通させるなら、こちらのサイトを参考にしてみてください。
企業のブランディング出版とは | http://www.syuppan-guide.com/